【閲覧注意】ボストンマラソン爆弾テロ事件

爆発物に殺傷能力を高めるため金属片が含まれていた

 ボストンマラソン爆弾テロ事件(ボストンマラソン ばくだんテロじけん)とは、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストンにて、第117回ボストンマラソンの競技中であった2013年4月15日14時45分頃(現地時間)に発生した爆弾テロ事件である。

 治安機関の発表によると、爆発物はいわゆる即席爆発装置で、圧力鍋が使用されており、殺傷能力を高めるためにボールベアリングや釘などの金属片が含まれていた。また、このような攻撃が迫っていることを示す事前の兆候はなかったとしている。

(出典:ボストンマラソン爆弾テロ事件ーWikipedia)

※下に行くほど閲覧注意の画像が含まれていますのでご注意ください。クリックすると拡大します。

 

少なくとも10人が手足の切断を余儀なくされたという

ボストンマラソン爆弾テロ事件01

ボストンマラソン爆弾テロ事件01

 

8歳男児・29歳女性・ボストン大学院生の中国人女性の3人が死亡

ボストンマラソン爆弾テロ事件02

ボストンマラソン爆弾テロ事件02

 

183人が負傷した

ボストンマラソン爆弾テロ事件03

ボストンマラソン爆弾テロ事件03

 

周辺の店舗の窓ガラスは粉々に吹き飛ばされた

ボストンマラソン爆弾テロ事件04

ボストンマラソン爆弾テロ事件04

 

ボストン公共図書館3階の窓も破壊された。

ボストンマラソン爆弾テロ事件05

ボストンマラソン爆弾テロ事件05

 

警察は爆発現場周辺15区画を立ち入り禁止とした

ボストンマラソン爆弾テロ事件06

ボストンマラソン爆弾テロ事件06

 

連邦航空局(FAA)は念のためボストン上空の飛行を制限した

ボストンマラソン爆弾テロ事件07

ボストンマラソン爆弾テロ事件07

 

両足を切断した被害者は爆弾の一つの脇にいた

ボストンマラソン爆弾テロ事件08

ボストンマラソン爆弾テロ事件08

 

大勢の負傷者が出た、この事件、テロの恐ろしさをすごく感じました。いろいろな思想があるとは思いますが、罪のない方々を犠牲にするのは本当にやめてほしいです。

このページに関連するページ

記事はありませんでした。